香りの散歩道


観光バス記念日

墨絵・朝野泰昌

師走も半ばを迎えましたね。
私の友人は、大掃除の途中で懐かしい旅の写真を見つけ、手が止まってしまったそうです。

そういえば、今日12月15日は「観光バス記念日」です。
東京の街を、日本初の定期観光バスが走った日だそうで、運行ルートは皇居前から銀座を通って上野まで。

ぐるっと東京見物ができるこの乗合自動車は、「ユーランバス」と呼ばれ、説明をする案内人が乗っていました。
それが、バスガイドのはじまりとも言われています。
ちなみに、当時の案内人は男性だったそうです。

ユーランバスの運行開始を知らせる新聞広告には、「御一名 僅か金三円で 安心して愉快に御見物が出来ます」という文字が躍っていました。
お昼には、50銭を払って定食を食べることもできたとか。
大正14年、今から96年前のことです。

みなさんは、観光バスにどんな思い出がありますか。
修学旅行で案内をしてくれたバスガイドさんのこと。
いつもより高い目線で、車窓を流れる景色に見とれたこと。
そして、松江城や出雲大社などで観光バスを見かけると、地元の人間としては、「どうぞいい旅を楽しんでくださいね」と、もてなす側の気持ちになりませんか。

また、旅の目的地まで快適に送り届けてくれるバスも、ありがたいですね。
山陰では今、鳥取空港から鳥取駅を経由して湯村温泉まで、乗り換えなしで行けるバスがあり、来年の2月20日まで期間限定で運行しています。

バスにゆられて冬の温泉へ。
いい思い出がまた一つ、増えそうですね。


*毎週水曜日・FM山陰.他で放送中  ↓mp3です。 wmp等でお聞き下さい。

12月分は現在放送中に付き、もう少々お待ちください。


『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、

毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞に掲載されます。



香りの散歩道TOPへ
 /  TOPへ  / 歳時記へ