香りの散歩道


魔法のラーメン

墨絵・朝野泰昌

今日のお相手は、私、木村匡也です。

あー、小腹が空いたなぁ。

そんなとき、みなさんは何を食べたくなりますか。
1958年の今日、8月25日は、日本で発明されたある食品が発売された日です。
昨年は、世界中で1166億食が消費されたという、その食べ物は何でしょう?

答えは、インスタントラーメンです。

昭和30年代の食生活を変えた画期的な発明品で、当時は「魔法のラーメン」と呼ばれたとか。
誰でもササッと作ることが出来て、鶏ガラや豚骨、魚介などを使ったスープの匂いが食欲をそそる・・・。
インスタントラーメンは、小腹が空いたときだけでなく、山登りやキャンプなどのアウトドアごはん、災害時の保存食としても重宝されていますね。

味と香りのバリエーションも実に豊かで、日本各地で誕生したご当地インスタントラーメンは、1000種類以上にものぼるとか。
また、海外では、インスタントラーメンにもお国柄が表れるようです。
インドでは、野菜のスープやカレー味のものが人気で、メキシコでは、サルサソースを加えてライムをキュッとしぼる、そんな食べ方もあるそうですよ。

今や日本の国民食から、世界食、そして宇宙食にもなったインスタントラーメン。なんだか食べたくなってきましたね。


*毎週水曜日・FM山陰.他で放送中  ↓mp3です。 wmp等でお聞き下さい。

8月分は現在放送中に付き、もう少々お待ちください。


『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、

毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞に掲載されます。



香りの散歩道TOPへ
 /  TOPへ  / 歳時記へ