香りの散歩道


もの言わぬ花

墨絵・朝野泰昌

6月の雨に洗われて、美しく咲く花たち。

彩りの豊かさなら、「七変化」という別名を持つアジサイ。
香りの良さなら、クチナシがこの季節を代表する花かもしれませんね。

初夏に白い花を咲かせるクチナシは、春に薫るジンチョウゲ、秋のキンモクセイと並ぶ、日本三大香木(こうぼく)と呼ばれています。

その甘い香りは、はるか昔から多くの人をひきつけてきました。
明治時代、女流作家としての道を開いた樋口一葉(ひぐち・いちよう)も、その一人です。

クチナシという名前の由来は、一説によると、果実が熟してもはじけることがないので、「口がない」ということから、その名がついたとか。

樋口一葉は、クチナシをもの言わぬ花として、こんな歌を詠んでいます。

誰もかく あらまほしけれ この花のいはぬに人の なほもめづらん 
(だれもかく あらまほしけれ このはなのいわぬにひとの なおも めづらん)
誰もが、この花のようにありたいと思っていることでしょう。

何も言わないのに、人からこんなにも愛されているのですから・・・と、樋口一葉は思っていたのですね。

言葉にしなくても、人をひきつけるもの。
クチナシは、その甘い香りがあるからこそ、
時代を超えて愛され続けているのではないでしょうか。


*毎週水曜日・FM山陰.他で放送中  ↓mp3です。 wmp等でお聞き下さい。

6月分は現在放送中に付き、もう少々お待ちください。


『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、

毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞に掲載されます。



香りの散歩道TOPへ
 /  TOPへ  / 歳時記へ