香りの散歩道


端午の節句


墨絵・朝野泰昌

今日、5月5日は「端午の節句」です。
「こどもの日」という名前の国民の祝日になったのは、1949年、昭和24年のこと。
それまでは、「端午の節句」として祝っていました。

風を受けて、大空を悠々と泳ぐ鯉のぼり。
勇ましい武者人形や鎧兜などを飾る風習は、江戸時代に始まったそうです。

さらに時代をさかのぼると・・・平安時代の「端午の節句」について、清少納言(せいしょうなごん)は、『枕草子(まくらのそうし)』にこう綴っています。

節(せち)は 五月にしく月は なし 菖蒲(しょうぶ) 蓬(よもぎ)などの かをりあひたる いみじう をかし

節句は、五月に及ぶものはない。
香り高い植物の菖蒲や蓬などが、共に香り合っている様子は、とても趣がある・・・という意味です。

当時の宮廷では、「端午の節句」を迎える準備として、菖蒲や蓬を軒先に飾ったり、菖蒲の葉で作った薬玉を吊るして、厄払いをしていました。
その凛とした力強い香りに、清少納言は心ひかれたのでしょうか。

古くから薬草として用いられてきた菖蒲を、湯船に浮かべた「菖蒲湯」につかる風習は、今も受け継がれていますね。

季節の変わり目を健やかに過ごせますように・・・という願いを込めて、お宅でもいかがですか。


*毎週水曜日・FM山陰.他で放送中  ↓mp3です。 wmp等でお聞き下さい。

5月分は現在放送中に付き、もう少々お待ちください。


『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、

毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞に掲載されます。



香りの散歩道TOPへ
 /  TOPへ  / 歳時記へ