香りの散歩道


ピンクシャツデー


墨絵・朝野泰昌

今日2月24日は、YMCAが呼びかけている「ピンクシャツデー」です。

この世界に生きるすべての人が、「いじめ」の問題を自分ごととして向き合うために、ピンク色のシャツを身につける日なのですが・・・

なぜ、この色なのでしょう?

それは、2007年にカナダで起こった出来事がきっかけでした。 

一人の男子学生が、ある日、ピンク色のポロシャツを着て学校に行ったところ、男の子がピンクを着ているというだけで、いじめられたのです。


それを知った二人の先輩学生が、ピンク色のシャツを50枚も買って、「明日は学校で一斉にこれを着よう」とインターネットで呼びかけました。

翌日、この呼びかけに応えた数百名の学生が、それぞれにピンクの洋服や小物を身につけて登校したのだとか。


学校中がピンク色に染まり、少年へのいじめは、いつの間にかなくなったそうです。


この出来事が、2月の最後の水曜日だったことから、いじめについて考え、いじめられている人と心をつなぐ日にしようと、2月の最終水曜日を「ピンクシャツデー」と呼ぶようになりました。


その後、いじめに反対する意志を表す行動として、70カ国以上に広がったそうです。

今からでも遅くありません。皆さんも、家の中にあるピンク色のものを身につけてみませんか。

その行動が、いじめのサインを見逃さない一歩になるかもしれません。


*毎週水曜日・FM山陰.他で放送中  ↓mp3です。 wmp等でお聞き下さい。

2月分は現在放送中に付き、もう少々お待ちください。


『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、

毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞に掲載されます。



香りの散歩道TOPへ
 /  TOPへ  / 歳時記へ