香りの散歩道


今日は帝劇、明日は三越


墨絵・朝野泰昌

今から110年前。
明治44年の今日2月10日に、日本初の西洋式劇場が完成したことをご存知でしょうか。

舞台芸術を愛する人々から「帝劇」という呼び名で親しまれている、帝国劇場の誕生です。

その年の3月1日に開場式が行われ、劇場建設の発起人には、そうそうたる財界人が名を連ねていました。
会長を務めたのは、当時の日本経済を牽引していた実業家で、その功績が今また注目されている渋沢栄一(しぶさわ・えいいち)です。

「帝国」という名を持つ劇場ですが、国営ではなかったのですね。
関係者たちが帝国劇場に求めたことは、外国から賓客を迎えた際に、日本の伝統芸能を堂々と紹介できる場にすること。

そのため、西洋建築でありながら歌舞伎などが上演できる、和洋折衷の劇場になったそうです。

そして、日本の舞台芸術を発展させる拠点になることや、近代的な劇場経営の模範となることも期待されていました。
「今日は帝劇、明日は三越」という宣伝文句も、一世を風靡したと伝えらえています。

110年の長い歴史の中には、関東大震災による建物の焼失や、太平洋戦争中の閉鎖など、苦難の時代も刻まれています。
けれど、帝国劇場が灯したエンターテインメントの火は、消えることはありませんでした。

香り高い舞台芸術の殿堂として、これからも素晴らしい舞台を生み出してもらいたいですね。


*毎週水曜日・FM山陰.他で放送中  ↓mp3です。 wmp等でお聞き下さい。

2月分は現在放送中に付き、もう少々お待ちください。


『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、

毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞に掲載されます。



香りの散歩道TOPへ
 /  TOPへ  / 歳時記へ