香りの散歩道


いつか行ってみたい


墨絵・朝野泰昌



今日8月12日は、あるテレビアニメの記念日です。
8月12日を「ハ・イ・ジ」と読んで「ハイジの日」。
1974年、日本で産声をあげたアニメ『アルプスの少女ハイジ』の記念日です。

何度も何度も再放送され、世代を超えて愛されている名作ですね。
原作はスイスで生まれた物語。
それを、若き日の高畑勲さんや宮崎駿さんたちがアニメにしたことは、ご存知の方も多いでしょう。

制作スタッフは、原作の舞台となった村や本物のアルプスをその目で見るために、わざわざスイスまでロケハンに行ったそうです。

澄み切った空にそびえ立つ山々。
草原をわたる風の匂い・・・現地で見たもの、感じたことすべてが作品づくりに生かされ、たくさんの子どもたちが「いつか行ってみたい」と憧れる場所になりました。

もしかしたら、あなたも、その一人ですか?
『アルプスの少女ハイジ』は、ヨーロッパでも放送されました。
なかには、日本で作られたアニメだとは知らずに、ファンになった人もいたとか。
それほど、ハイジの暮らしぶりがイキイキと描かれていたのでしょうね。

アニメを通して想像の翼を広げれば、世界のどこにでも行くことができる。
そのことを教えてくれた作品でもありました。

ありがとう、ハイジ。
そして、時代が変わっても、多くの人に夢や希望を届けてくれる、素晴らしいアニメをつくってくれた人たち
に、あらためてお礼を言いたいですね。


*毎週水曜日・FM山陰.他で放送中  ↓mp3です。 wmp等でお聞き下さい。

8月分は現在放送中に付き、もう少々お待ちください。


『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、

毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞に掲載されます。



香りの散歩道TOPへ
 /  TOPへ  / 歳時記へ