香りの散歩道


ジャック・オー・ランタン


墨絵・朝野泰昌
 

オレンジ色のカボチャがトレードマークのお祭り、「ハロウィン」の季節がやって来ましたね。

本番は10月31日。
この日にやって来る魔物から身を守るため、魔女や悪魔の仮装をして仲間だと思わせる習わしが日本でも人気を呼び、今ではすっかり仮装イベントになったようです。

そして、カボチャをくり抜いて つくる、ちょっと怖い顔をした灯り「ジャック・オー・ランタン」も、魔除けの飾りとしておなじみですね。

「ジャック・オー・ランタン」 は、アイルランドやスコットランドなど、ケルト文化が色濃い地域で生まれました。
古代のケルトでは、10月31日は大晦日に当たる日。
一年の終わりには魔物がやって来て、地上をさまよい歩くといわれていたそうで、それを追い払うためのランタンです。

ただし、もともとはカボチャで はなく、カブが使われていました。
ヨーロッパで生まれたハロウィンの風習がアメリカ大陸に伝わり、この地でカブよりもたくさん収穫できた、カボチャでつくられるようになったのだそうです。
 
オレンジ色をしたカボチャの顔 は、どこかチャーミングな感じもしますが、白っぽいカブをくり抜いた顔のランタンは、夜に出くわすと、けっこうリアルで大人でも怖いとか。
 
おばけが苦手な人にとっては、 日本に伝わった「ジャック・オー・ランタン」が、カボチャのほうで良かったかもしれませんね。


*毎週水曜日・FM山陰.他で放送中  ↓mp3です。 wmp等でお聞き下さい。

10月分は現在放送中に付き、もう少々お待ちください。


『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、

毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞に掲載されます。



香りの散歩道TOPへ
 /  TOPへ  / 歳時記へ