香りの散歩道


ダンデライオン〜遅咲きのたんぽぽ


墨絵・朝野泰昌



いつもの散歩道で、たんぽぽの黄色い花を見かけると、ほっこりした気分になりませんか。
「たんぽぽ」というかわいらしい名前も、子どもから大人まで多くの人に愛される理由かもしれませんね。

それに比べると、英語の名前の「ダンデライオン」は、ちょっと勇ましい感じです。
「ライオンの歯」という意味だそうで、のこぎりのようなキザギザの葉っぱを、ライオンの歯並びに例えたのだとか。

この名前を聞くと、松任谷由実さんの『ダンデライオン〜遅咲きのたんぽぽ』という歌を、思い出す方もいらっしゃるでしょう。
それぞれの春の思い出に寄り添うように咲く花ですが、食べられる植物でもあることをご存知ですか。

江戸時代には、救荒植物として栽培が奨励されていました。
「救う」に「荒れる」と書いて「救荒」。救荒植物とは、飢饉や災害、戦争などによって食べ物が不足したとき、それをしのぐために利用される植物のことです。
つまり、どんな状況になっても、「たんぽぽは食糧になる」ということでしょうか。
明治時代には、葉っぱのおひたしや花の天ぷら、根っこのきんぴらなど、たんぽぽ料理は、普段の食卓にもたびたび登場していたそうです。

そう言えば今でも、根っこで作るたんぽぽコーヒーは、健康的な飲み物として知られていますね。 
これからは、たんぽぽを見る目が、ちょっと変わってきそうです。


*毎週水曜日・FM山陰.他で放送中  ↓mp3です。 wmp等でお聞き下さい。

3月分は現在放送中に付き、もう少々お待ちください。


『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、

毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞に掲載されます。



香りの散歩道TOPへ
 /  TOPへ  / 歳時記へ