香りの散歩道


イノシシの鼻


墨絵・朝野泰昌



今年の干支のイノシシは、立派な鼻を持っていますね。
大きくて力強い、その鼻の嗅覚は「イヌにも負けない」と言われるほど、ニオイにとても敏感な動物だそうです。
 
では、なぜイノシシの鼻は立派になったのでしょうか。
一説によると、エサの探し方に関係しているとか。
山や森を棲み家にしているイノシシは、地面を掘ってミミズや植物の根っこなどを食べて生きてきました。

そのとき活躍するのが、鼻です。
どのあたりにエサが埋まっているのか、まず鼻で嗅ぎ分けます。
鋭い嗅覚は、そのために発達したのでしょうね。

そして、この下にある!と探し当てたら、今度は鼻をスコップのように使って、一気に土を掘り起こします。
かたい地面でも掘ることができなければ、エサにはありつけません。
だから、大きくて力強い鼻になった・・・。そう考えると、イノシシの鼻は、どんな環境でもたくましく生き抜くために、進化したのかもしれませんね。


*毎週水曜日・FM山陰.他で放送中  ↓mp3です。 wmp等でお聞き下さい。

1月分は現在放送中に付き、もう少々お待ちください。


『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、

毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞に掲載されます。



香りの散歩道TOPへ
 /  TOPへ  / 歳時記へ