香りの散歩道


日々是好日


墨絵・朝野泰昌

スクリーンから抹茶や炭の香りが漂うような映画が、10月13日に全国公開されます。
タイトルは『日々是好日(にちにちこれこうじつ)』。

主人公の黒木華(くろき・はる)さんに、一から茶道の手ほどきをする師匠役で、先月、75歳で他界された樹木希林(きき・きりん)さんが出演されています。

意外なことに、樹木さんはこの映画と出会うまで、お茶の稽古をした経験はなかったそうです。

撮影までにお点前の特訓をしたそうですが、そうとは思えない自然な身のこなしや雰囲気は、さすが芸達者な俳優さん。
私生活でも着物や骨董に親しんでいたという、樹木さんの普段の暮らしぶりも、その佇まいに表れているのでしょう。

樹木希林さんは、山陰にもゆかりのある方です。
湯村温泉を舞台にした昭和の名作ドラマ、『夢千代日記』のシリーズすべてに出演されていました。
吉永小百合(よしなが・さゆり)さん演じる夢千代が営む置屋で、ともに支え合いながら生きている芸者・菊奴(きくやっこ)の役を、とてもチャーミングに演じられていました。

世話好きで人間味あふれる菊奴は、樹木さんのイメージそのものだったのかもしれません。
菊奴が三味線を弾きながら歌った、鳥取県の民謡「貝殻節」は、このドラマがきっかけで全国的に知られるようになった・・・というエピソードも残っています。

お茶の映画『日々是好日』で、樹木さんに会えるのが楽しみですね。


*毎週水曜日・FM山陰.他で放送中  ↓mp3です。 wmp等でお聞き下さい。

10月分は現在放送中に付き、もう少々お待ちください。


『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、

毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞に掲載されます。



香りの散歩道TOPへ
 /  TOPへ  / 歳時記へ