香りの散歩道


国連にある平和の鐘


墨絵・朝野泰昌

今日8月15日は「終戦の日」です。
戦争のない世界を願う思いを、私たちひとり一人が、あらたにする日でもありますね。
みなさんは、ニューヨークの国連本部に、日本から贈られた「平和の鐘」があることをご存じですか。

この鐘は、終戦から6年後の昭和26年、パリで開催された国連総会にオブザーバーとして参加した、当時の日本国連協会代表・中川千代治(なかがわ・ちよじ)さんの呼びかけによって造られました。

中川さんは国連総会で「世界の平和を願う人々からコインをいただき、その平和への祈りを一つにした鐘を国連に寄贈して、平和のために鳴らしてほしい」と訴えたそうです。

当時はまだ、日本は国連に加盟を許されていませんでした。
その国からの提案に、果たして耳を傾けてもらえるのか…結果は、賛同してくれた65カ国の代表者から、各国で使われているコインが贈られたのです。

それを日本に持ち帰り、世界のコインを溶かし込んで鋳造された鐘には、「世界絶対平和万歳」という文字と、平和の象徴である月桂樹の模様が刻まれました。
鐘の鋳造には、中川さんの出身地である四国の人々が、無償で力を尽くしてくれたという逸話も語り継がれています。

そして、昭和29年。世界平和への思いを一つにした鐘の音は、ニューヨークの国連本部で鳴り響いたのです。

「終戦の日」の今日、みなさんはどんな願いを空高く響かせたいですか。


*毎週水曜日・FM山陰.他で放送中  ↓mp3です。 wmp等でお聞き下さい。

8月分は現在放送中に付き、もう少々お待ちください。


『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、

毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞に掲載されます。



香りの散歩道TOPへ
 /  TOPへ  / 歳時記へ