香りの散歩道


ジャパニーズミント


墨絵・朝野泰昌



今日6月20日は「ペパーミントの日」です。
ハッカの産地として有名な北海道の北見市で生まれた記念日で、20日(はつか)を「ハッカ」と読む語呂合わせによって、この日が選ばれたそうです。

ちなみに「ペパーミント」は英語で「ハッカ」は日本語。
どちらもシソ科の植物で、ハッカは「ジャパニーズミント」と呼ばれることもあります。

初夏に芽生えて、短い夏の間に一気に生長する北海道のハッカ。
北見地方では明治時代、大豆や小麦などに比べてかなり高い値段で取り引きされた、ハッカの栽培が盛んになり、農家に富をもたらしました。

昭和に入ってからは、世界のハッカ生産量のおよそ70%を占めていた時代もあり、北見はハッカ王国としての世界的な名声を手に入れました。
やがて、海外からの輸入品と合成ハッカの出現によって、北見の生産量は急激に下降していったそうですが、今でも日本のハッカの名産地であることに変わりはありません。

「ペパーミントの日」の今日、そんな歴史に思いをはせながら、ハッカやミントの香りを楽しんでみませんか。
蒸し暑い夏の日も、スーッとした清涼感のある香りを嗅げば、暑さが吹き飛んで、気分が落ち着くことでしょう。

ハッカやミントの香りで、スッキリ気持ちいい暑気払い。
みなさんも、いかがですか。


*毎週水曜日・FM山陰.他で放送中  ↓mp3です。 wmp等でお聞き下さい。

6月分は現在放送中に付き、もう少々お待ちください。


『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、

毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞に掲載されます。



香りの散歩道TOPへ
 /  TOPへ  / 歳時記へ