香りの散歩道


手作りのティーオイル


墨絵・朝野泰昌



お茶を飲んでほっとする時間は、漂う香りにもささやかな幸せを感じませんか。

いつも私たちの身近にあるお茶ですが、近頃はお茶の実からとれる油、ティーオイルも注目されているようですね。
ティーオイルは、お茶の木になる、お茶の実を搾って作られます。

ツバキ科の植物なので、オイルの製造方法は椿油をイメージしてもらうといいかもしれません。
原料となるお茶の実は、白い椿のような花が咲いたあとに収穫しますが、日本の茶畑では、お茶の花を見かけることはほとんどないでしょう。

なぜなら、日本茶を作る葉っぱのほうに栄養が十分いきわたるよう、花の部分は早くに摘み取ってしまうから。
ティーオイルづくりは、お茶の実がとれるお茶の木を栽培するところから始まるそうです。

手間ひまかけて作られる貴重なティーオイルは、料理に使われることが多く、ナッツのような香ばしい香りがします。
数ある植物性の食用油の中でも特に、口あたりは爽やか。

オリーブの実を搾って作るエクストラバージンオリーブオイルのように、熱をあまり加えず、料理の仕上げに使うとフレッシュな風味が引き立ちます。

お茶の木は、生け垣や庭木としても人気のある植物ですから、もしもお宅にお茶の木があって、白い花を咲かせたら・・・手づくりのティーオイルが味わえるかもしれませんね。


*毎週水曜日・FM山陰.他で放送中  ↓mp3です。 wmp等でお聞き下さい。

3月分は現在放送中に付き、もう少々お待ちください。


『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、

毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞に掲載されます。



香りの散歩道TOPへ
 /  TOPへ  / 歳時記へ