香りの散歩道


ビスケットの日


墨絵・朝野泰昌



今日2月28日は「ビスケットの日」です。
サクッとほおばると、ふわっと甘い香りが広がって、なんだかほっこりするお菓子ですね。

全国ビスケット協会によって制定された、この記念日の由来は、江戸時代まで遡ります。

長崎で医師として働いていた柴田方庵(しばた・ほうあん)という人物が、オランダ人から教わったビスケットの作り方を手紙に書いて、郷里の水戸藩に送ったのが安政2年の2月28日だったとか。

ビスケットが西洋の保存食であることに注目した水戸藩の役人が、戦(いくさ)のときに携帯する兵糧として使えるのではないか・・・と、方庵に作り方を習得するよう依頼したともいわれています。

また、ビスケットの語源は、ラテン語で「2度焼かれたもの」という意味だそうで、「2ど・8く(にど・やく)」だから28日、という語呂合わせも記念日の由来になっているとか。

ひと口にビスケットといっても、 さまざまな種類がありますが、子どものおやつとして人気のビスケットといえば、動物のカタチをしたものを思い浮かべる方もいらっしゃるでしょう。

漫画「ドラえもん」に登場する ひみつ道具の中にも、動物のカタチをした「動物変身ビスケット」があるのをご存じですか。

それを食べると5分間だけ、姿や鳴き声が動物に変身してしまうの
です。
もしも、そんなビスケットがあったら、皆さんはどんな動物になってみたいですか?


*毎週水曜日・FM山陰.他で放送中  ↓mp3です。 wmp等でお聞き下さい。

2月分は現在放送中に付き、もう少々お待ちください。


『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、

毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞に掲載されます。



香りの散歩道TOPへ
 /  TOPへ  / 歳時記へ