香りの散歩道


今日はバレンタインデー


墨絵・朝野泰昌



今日はバレンタインデーですね。
この言葉を聞いただけで、チョコレートの甘い香りが漂ってくるような気がしませんか。

そもそも日本人は、どのようにしてチョコレートと出会ったのでしょうか。
チョコレートはもともと、飲み物だったことは、みなさんもご存じでしょう。
日本に初めて伝来したのは江戸時代といわれていますが、そのときもまだ飲み物でした。

今日(こんにち)のような食べるチョコレートが登場したのは、1847年。
イギリス人のジョセフ・フライが、常温で固まり、口に入れると体温で溶けるという、チョコレートの原型をつくりあげたそうです。
味も、香りも、食感も、今のチョコレートとはほど遠いものだったようですが、当時としては画期的な発明だったとか。

それから26年後の1873年、明治6年のこと。
日本の新政府が欧米に派遣していた使節団が、パリの郊外にあるチョコレート工場を訪れました。
使節団のメンバーは、岩倉具視や伊藤博文、大久保利通など、そうそうたる明治維新の立役者たち。
工場を見学したときの記録によると、初めて口にしたチョコレートは苦かったようですが、「人の血液に滋養を与え、精神を補う」という効能も記されているそうです。

まるで新しい薬を発見したようだったチョコレーとの出会い。
当時の使節団が今のチョコレートを食べたら、そのおいしさに驚くかもしれませんね。


*毎週水曜日・FM山陰.他で放送中  ↓mp3です。 wmp等でお聞き下さい。

2月分は現在放送中に付き、もう少々お待ちください。


『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、

毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞に掲載されます。



香りの散歩道TOPへ
 /  TOPへ  / 歳時記へ