香りの散歩道


立春大吉豆腐


墨絵・朝野泰昌



一月も今日で終わりですね。
今週の土曜日はもう、暦の上では冬から春へと季節が変わる節目の日「節分」です。

そして、一夜明けると「立春」。
窓の外はまだ冬景色ですが、「立春」という言葉を聞くと、心にぽっと灯りがともるような気がしませんか。

立春には、福を呼び込んで厄除けをするために、「立春大吉」と書かれたお札を、玄関や神棚などに飾る風習も各地に伝わっています。
「立春」も「大吉」も、何かいいことがやって来そうな言葉ですから、お札を眺めているだけでも、ご利益がありそうですね。

また、立春には白い豆腐を食べると縁起がいい、ともいわれています。
日本では昔から、白い色は神聖な色とされ、邪気を払い、心身を清めるチカラがあると信じられていたとか。

ましてや、日本を代表する健康食品といわれる豆腐の白なら、カラダにいいパワーをたっぷりもらえそうですね。
いつの間にか全国的に広まった節分の「恵方巻き」のように、最近は、白い豆腐が「立春大吉豆腐」という名で店先に並んでいることも。

一説によると、せっかくの白い色を醤油で染めてしまわないように、塩をふりかけて食べるのがおすすめだそうです。

今年の立春は、「立春大吉」のお札を飾り、真っ白い「立春大吉豆腐」をいただいて、浄化されたカラダに大いに福を呼び込みませんか。


*毎週水曜日・FM山陰.他で放送中  ↓mp3です。 wmp等でお聞き下さい。

1月分は現在放送中に付き、もう少々お待ちください。


『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、

毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞に掲載されます。



香りの散歩道TOPへ
 /  TOPへ  / 歳時記へ