香りの散歩道


14ひきのもちつき


墨絵・朝野泰昌



おとうさん、おかあさん、おじいさん、おばあさん、そして10ぴきの子どもたち。
家族三世代、14ひきのねずみの一家が、めぐる季節を楽しみながら仲良く暮らす絵本、14ひきのシリーズをご存じですか。
1983年、絵本作家のいわむらかずおさんが最初に発表した14ひきの物語は、フランスやドイツなどでも出版され、世界的な人気シリーズになりました。

これまで12の物語が誕生していますが、なかには、今の時期にぴったりの一冊もあります。
タイトルは『14ひきのもちつき』。
お正月を迎えるために、ぺったんとったん、家族みんなで餅つきをするお話です。

薪を割って、かまどに火をいれ、もち米が蒸しあがったら、いよいよ楽しい餅つきのはじまりです。
準備をするのも、杵でお餅をつくのもチカラを合わせて。
たちのぼる湯気の匂いまで漂ってきそうで、ページをめくりながらワクワクしてきます。

臼と杵を使う昔ながらの餅つきに興味津々の子どもから、懐かしい光景を思い出す大人まで、家族みんなで楽しめる絵本『14ひきのもちつき』。
最後に、つきたてのお餅をおいしそうにほおばる笑顔を見たら、みなさんもきっとお餅が食べたくなることでしょう。

さて、『朝野家・香りの散歩道』の今年の放送は、今日が最後になりました。
今年も一年、おつき合いいただきありがとうございました。
みなさまどうぞ、良いお年をお迎えくださいませ。


*毎週水曜日・FM山陰.他で放送中  ↓mp3です。 wmp等でお聞き下さい。

12月分は現在放送中に付き、もう少々お待ちください。


『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、

毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞に掲載されます。



香りの散歩道TOPへ
 /  TOPへ  / 歳時記へ