香りの散歩道


木へんに冬と書く


墨絵・朝野泰昌



突然ですが、漢字の問題です。

木へんに春と書いて「椿(つばき)」、木へんに夏と書けば「榎(えのき)」。
では、木へんに冬と書くのは、何木でしょうか?

さっぱの先がギザギザで、一年中つややかな緑をたたえている木。
そう、答えは「柊(ひいらぎ)」です。
秋から冬にかけて香り高い花を咲かせるのですが、それもそのはず、日本の柊は金木犀や銀木犀と同じモクセイ科の常緑樹です。

『柊の指さされたる香(かおり)かな』

大正生まれの俳人、石田波郷(いしだ・はきょう)が柊の花を詠んだ句です。
鋭いトゲのような葉っぱと、強い香りを放つ柊の特徴が、まっすぐに伝わってくるようですね。

『柊の指さされたる香かな』

白い花を咲かせた柊に近づくときには、甘い香りの虜になるかもしれませんから、どうぞ気をつけてくださいね。

ちなみに、クリスマスの飾りに使われる赤い実をつけたヒイラギは、セイヨウヒイラギと呼ばれています。
日本の柊はモクセイ科なのに対して、こちらはモチノキ科。
全く別の植物ですが、どちらも葉っぱがギザギザなので、古くから厄除けや魔除けのチカラがあるといわれてきました。

木へんに冬と書く日本の柊と、クリスマスを彩るセイヨウヒイラギ。香りを比べてみるのも面白そうですね。


*毎週水曜日・FM山陰.他で放送中  ↓mp3です。 wmp等でお聞き下さい。

12月分は現在放送中に付き、もう少々お待ちください。


『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、

毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞に掲載されます。



香りの散歩道TOPへ
 /  TOPへ  / 歳時記へ