香りの散歩道


香香


墨絵・朝野泰昌



1972年の10月、海の向こうから東京の上野動物園に、ある動物たちがやって来ました。
白と黒のまあるい姿がほほえましい、ジャイアントパンダの「ランラン」と「カンカン」です。

丸顔美人といわれた「ランラン」と、やんちゃな「カンカン」は、たちまち日本中の人気者に。
その姿をひと目見ようと、上野動物園には連日長蛇の列ができました。
パンダブームに沸いた当時のことを、覚えている方もいらっしゃるでしょう。

あれから44年経った今年の6月、上野動物園でパンダの赤ちゃんが誕生しました。

「シンシン」と「リーリー」の間に生まれた女の子で、名前は「シャンシャン」。
香りという漢字を二つ並べて、「香香(シャンシャン)」と読みます。
この名前は、32万を超える応募の中から、日本パンダ保護協会の名誉会長でもある、女優の黒柳徹子さんらによって選ばれました。

香りという漢字は、花が開くような明るいイメージがあり、「かぐわしい匂いを放つもの」という意味の他に、「心ひかれる」「好ましい」「人気がある」という意味もあるそうです。
「シャンシャン」という音の響きもチャーミングで、かわいらしくて元気なパンダの女の子にぴったりの名前ですね。

古今東西の香りの話題をお届けしているこの番組でも、香りという字を授かった「シャンシャン」の成長を、あたたかく見守っていきたいと思っています。


*毎週水曜日・FM山陰.他で放送中  ↓mp3です。 wmp等でお聞き下さい。

10月分は現在放送中に付き、もう少々お待ちください。


『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、

毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞に掲載されます。



香りの散歩道TOPへ
 /  TOPへ  / 歳時記へ