香りの散歩道


心ときめきするもの


墨絵・朝野泰昌



来週の月曜日は「敬老の日」ですね。
健やかにイキイキと年を重ねていくために、皆さんはどんなことを大切にしていますか。

たとえば、心がときめくようなものを思い描いてみてはいかがでしょう。
想像するだけでうれしくなったり、期待に胸がふくらんだり。
そんな何かがあれば、毎日イキイキと暮らせるような気がしませんか。

平安時代の女流作家・清少納言(せいしょうなごん)は、『枕草子』の「心ときめきするもの」というくだりに、こんなことを書き連ねています。

心ときめきするものは、雀の子を飼っているとき。
幼い子どもを遊ばせている前を通りかかるとき。
そして、香りのいいお香を焚いて、ひとりで横になっているときも、清少納言にとっては「心ときめきするもの」だそうです。

雀の子や幼い子どもなど、小さくてかわいらしいものに寄せる、清少納言の愛情がうかがえますね。

香りについては、頭を洗って、お化粧をして、お香を焚きしめた衣裳を身にまとうと、これといって会う人がいないときでも、心の内はなんとなく幸せだ・・・とも書いています。

『枕草子』は千年以上も前に書かれたものですが、「心ときめきするもの」は、現代に生きる私たちにも共感できるところがありそうですね。

髪の毛を洗って、お気に入りの香りを身につけたとき、小さな幸せを感じたら・・・千年前の人々と心が通じるような気がしませんか。


*毎週水曜日・FM山陰.他で放送中  ↓mp3です。 wmp等でお聞き下さい。

9月分は現在放送中に付き、もう少々お待ちください。


『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、

毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞に掲載されます。



香りの散歩道TOPへ
 /  TOPへ  / 歳時記へ